プロフィール

KimZo

Author:KimZo
最近Laszloを知ってハマりそうな予感。
AjaxとFlashを同じソースで切り換えられたら無敵じゃないの?と考える横浜市青葉区の住人。

以下運営

ウサギ公開中。

ウサギ公開中。

Pebbleブログ[アタマノオト]

Laszloブログ[Laszlog]


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
インタラクティブなデザイン[グラフィック・アート・ウェブ]
クロフォードのインタラクティブデザイン論

目からウロコ とはこのことか。

プログラマー、デザイナーと呼ばれる人たちが、いかにユーザの視点に立っていないかが良く分かる。
自分もアプリやサイトを作成したりするけど、言われてみればその通り。ユーザがブチキレてもこの本のおかげで納得できる。

「インタラクティブとは会話である」

という視点で考えれば、
見もしない検索結果を何百万件も誇らしげに掲げてみたり(Googleとか)、
助けにならないHelp(Microsoftとか)
は会話を拒否して一方的に話を押しつけているだけだと分かる。

ちなみに、上記の問題点の一つの解決方法として提案されているのは、「聞く」能力の向上。
つまり、もっとユーザの話を聞くことで、対話的に問題点や関心事を絞っていくのがいーんじゃない?って事。

本には出来なくて、コンピュータに出来る事が「会話」なのだから、
Webサイトも、情報を並べるだけじゃなくて、もっとインタラクティブなったほうがエキサイティングだぜ~ともおっしゃってる。


ユニークな語り口とアイデアで最後まで飽きさせずに読ませるのはさすが。
ユーザインターフェース開発に少しでも関わる事が有るのなら、読んでおいて損は無し。

2006年上半期ベストブック(個人的に)決定。
パチパチ

じゅうたんはインタラクティブか?」って刺激的なキャッチコピーも好き。
スポンサーサイト



デザインのお勉強 | 2006/06/27(火) 15:36 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。